THINKTANK

会員ログイン

競馬関係者の“生の声”をお届けする【競馬HOTLINE】を始めとした、平日事前情報を無料公開!競馬界の裏側まで知れる必見情報が満載!

有料会員様限定の厳選勝負買い目や、当社情報ルート陣が自信を持ってお届けする前日直前情報【裏ネタ馬券作戦】を独占公開!一部無料でご覧頂けます。

表示を消す cancel

新規会員登録

【ジャパンカップ2022予想】好走調教パターン該当馬は僅か2頭!前走以上の気配で臨める!

local_offer競馬HOTLINE

【ジャパンカップ2022予想】好走調教パターン該当馬は僅か2頭!前走以上の気配で臨める!

【調教班・富田のマニアックレポート】
今の東京開催、更にジャパンCで必須の調教パターン!

今年の東京開催は今週でオーラス。ジャパンカップは東京12Rで行われますので、本当の意味での締め括りレースとなります。馬券を購入される際にはお気をつけください。

ジャパンカップは過去10年で7勝とこれまでも実績を残しているGⅠの1つですし、良い形で師走競馬を迎えるために、重賞メイン特捜部一同、的中に向けて力が入っています。

私も一助となるべく『調教分析』を行っていきますので、ご注目下さい。 

好走するためにはこの調教が必須!

先週(11/19.20)の結果から、現在の東京開催の好走調教パターンを導き出していきます。

日曜日の後半2R(10、12R)にて小雨が降っていましたが、土日計13鞍は全て良馬場で行われいます。

【最終追い切りコース】

坂路   3勝2着1回3着4回
トラック 10勝2着12回3着9回

関東の主場開催とは言え、トラックが坂路を大きく上回る結果となっています。

直線が長くスピードの持続力が求められるため、東京はトラック調教の必要性が高い競馬場ですが、ココまで偏った結果が出ていることは注目しておくべきでしょう。
【調教過程】

坂路のみ   0勝2着0回3着1回
トラックのみ 3勝2着3回3着3回
併用     10勝2着10回3着9回

調教過程を見ると、ますますトラック調教が重要であることが明確になりました。

これだけレース数がありながら、坂路のみの好走は3着1回しかないのは稀なケース。

また、出走馬の総数を考えるとトラックのみも健闘しています。

併用がベターなのは確かですが、兎にも角にも現在の東京で好走するにはトラック調教が必須であることは間違いないでしょう。

東京のGⅠはバランス重視

過去5年のジャパンカップの好走調教パターンを見ていきましょう。

【最終追い切りコース】

栗東坂路 3勝2着1回3着3回
栗東CW 0勝2着1回3着2回
美浦南W 2勝2着3回3着0回

関西馬は栗東CWでも好走馬が出ていますが、勝利した馬は全て栗東坂路

一方、関東馬は美浦南W一択となっており、東西で優勢な最終追い切りコースがハッキリとしています。
【調教過程】

坂路のみ   1勝2着0回3着0回
トラックのみ 2勝2着0回3着1回
併用     2勝2着5回3着4回

どのパターンからも勝利は出ているものの、2着以下のほとんどが併用となっています。

坂路のみの勝利は2019年スワーヴリチャードで、この年は重馬場で行われており、3着ワグネリアンも栗東坂路追い切りで坂路優勢の傾向が出ていました。

トラックのみは2018年、2020年に勝利したアーモンドアイで、何度も取り上げているように美浦南Wコースのみが国枝厩舎の基本調教パターン

どちらも例外と言えるケースであり、全体の好走数を重視すれと併用がベターと言えるでしょう。

同じ東京芝2400mで行われる日本ダービーも併用が強いレースで、今年の1~3着馬にも該当しています。

日本ダービー3連単1万5770的中の日本ダービーも併用が独占

過去5年から導き出したジャパンカップの好走調教パターンは、

◎栗東坂路のトラック併用
◎美浦南Wの坂路併用


となります。

調教班が選ぶ好走期待馬はこの馬!

調教班特注馬

ダノンベルーガ(牡3)
川田将雅騎手・堀宣行厩舎

11/24(木) 美浦南W 重 助手
[6F] 89.2-71.0-54.3-38.9-12.1 馬なり

現在の東京と過去5年のジャパンカップの傾向を加味すると、最終追い切りコースはトラックで坂路調教併用が好走調教パターンと言えるでしょう。

ただし、過去5年で最終追い切り栗東CWで勝利した馬がおらず連対も1回しかないことを踏まえ、今年のジャパンカップの好走調教パターンは『最終追い切り美浦南W・坂路調教併用』と結論付けることにしました。

【該当馬】

ダノンベルーガ
ユーバーレーベン

ユーバーレーベンは手塚厩舎の基本パターンであり、札幌記念から3戦続けて最終追い切りに津村騎手が騎乗しており順調とジャッジしていいでしょう。

一方、ダノンベルーガは前走天皇賞(秋)とパターンこそ同じですが、明らかに調教の中身が変わってきています

春までは全てトラック調教のみで調整されていましたが、堀厩舎に精通する情報ルートですら「驚いた」と語っていたように、前走の中間に初めて坂路で時計を出しました

しかし、レース前週日曜日(10/23)の坂路調教は1本のみで、「コースだとフワフワするところがあり、坂路の方が集中して走れてピリッとしてくる」というのが陣営の意図。

今回は在厩調整で乗り出しから坂路、1週前と最終追い切りは美浦南Wでその間(11/20)に坂路を挟んでおり、完全な併用調教で臨んでいます。

なお、1週前には関係の深いムーア騎手が騎乗していますが、「今後のために意見を聞いておきたかったから」との意図。本人は「右トモの入りが遅いが、他は全く気にならない。楽に脚を伸ばせるいい馬。将来的に乗る機会があると嬉しい」と好感触だったそうです。

春は体質の問題で上積みが疑問視されてきましたが、この調教過程を見ると秋は順当に叩いての上積みが見込めるでしょう。ハイレベルだった日本ダービー4着からも距離は守備範囲、GⅠ戴冠のチャンスが巡って来ても不思議ありません。


★現在、競馬総合情報社シンクタンクを初めてご利用いただく方への特別キャンペーンを実施中!

平井雄二元調教師率いる
重賞メイン特捜部が教える
『馬券候補はこの5頭!』
これが競馬ファンの新たな予想ツール!

超人気薄の推奨馬もしっかり馬券になってます!

【ファンタジーS(GⅢ)で実際に公開した5頭】
⑤ブトンドール   (2人2着)
⑥レッドヒルシューズ(5人3着)
⑧リバーラ     (10人1着)
⑩バレリーナ
⑪アロマデローサ
※馬番順

今週の対象レースは
ジャパンカップ(GⅠ)

次週以降も全重賞の馬券候補5頭を無料で教えます!

無料会員登録はコチラkeyboard_arrow_right

おすすめ記事

競馬HOTLINE

トレセンマル秘レポート

トピックス&ニュース

競馬HOTLINE

裏ネタ馬券作戦

イベントコンテンツ

インフォメーション

インフォメーション

arrow_back_ios 記事一覧へ戻る
トレセンマル秘レポート

トピックス&ニュース

競馬HOTLINE

裏ネタ馬券作戦

イベントコンテンツ

インフォメーション

インフォメーション